混合列車 [記憶に残る鉄道情景] Railway Photos

客車と貨車がひとつの列車に編成される混合列車のように、個性豊かでちょっと懐かしい鉄道情景をご覧いただきたいと思います。

2015年09月

 蒸気機関車が引退し、電気機関車やディーゼル機関車が列車を牽引するようになっても、お客が乗る客車は蒸機時代から代わり映えがしない旧型客車が引き続き使用されていました。ファンにとってはそれが魅力だったのですが一般のお客にとっては迷惑な話で、電車や気動車の列 ...

 常磐線の勝田から阿字ヶ浦まで走るひたちなか海浜鉄道は、茨城交通湊線といったほうが我々の世代にはしっくりくる鉄道です。高校時代のクラブの夏合宿が平磯で行われていたので、毎年暑い時期にお世話になりました。 当時は北海道の羽幌炭鉱鉄道や留萌鉄道から来たキハ22 ...

最後に当時の熱水の状況をメモしました。運行状況など蒸機末期とは異なっていたのがわかります。[参考] 熱水の状況について 列車本数は、日により差が大きいが、冬場の撮影時間帯(8時~16時)に、客車を含めて片側概ね4本といったところであった。線路配置は複雑であるが、 ...

 飯田線といえば輸入電機ED18、ED19や流電52形なのですが、私は残念ながら両方とも見ることができませんでした。流電を駆逐した憎っくき80系電車ですが、300番台の全金車で揃った編成美はなかなかのものでした。準急東海で颯爽とデビューした80系全金車も誕生から四半世紀、 ...

 トンネルの中から撮った写真ではありません。ヘッドライトに照られれているトンネルの内壁は随分遠くで切れており、そこから手前はレールと架線のみが輝いているのがお分かりいただけると思います。強烈なハイビームを浴びて通常なら何の写真だか分らなくなるところですが ...

このページのトップヘ