混合列車 [記憶に残る鉄道情景] Railway Photos

客車と貨車がひとつの列車に編成される混合列車のように、個性豊かでちょっと懐かしい鉄道情景をご覧いただきたいと思います。

2018年08月

 熱水の3日目は朝からよく晴れました。いつものように上店駅で列車の時間を聞くと、東行き、西行きともそれなりの本数があるようで一安心です。すぐに東行きが来たので上店駅手前の築堤で構えました。いい煙が出ていたのですが、列車に陽が当たる前に来てしまって残念賞でし ...

 中央線から201系が引退した2010年の夏は大変な猛暑だったように記憶しています。そんななか、汗だくになりながら連日201系を追いかけて線路端に立っていたのですから、暑がりな私としてはよく頑張ったものだと思っています。 この日も最高気温が35℃を超える猛暑日でした ...

 2011年の地震で大きな被害を受けたひたちなか海浜鉄道も7月には全線で復旧して、再び元気な姿を見せてくれるようになりました。また、国鉄キハ20を引き継いだキハ205が冷房付きの強みを活かして、同鉄道の主力の一角として活躍してくれたのも嬉しいことでした。 8月末の日 ...

 午後の陽を浴びて岩山の麓をゆく列車、残念ながら単機牽引でやって来てしまいましたが、この日は列車本数が多くて、もう1本東行きの列車が撮れそうでした。そこで本日最後の列車は、山から降りて司明義大橋そばの道路沿いから撮ることにしました。 日のあるうちに列車が来 ...

 津軽鉄道の夏景色、嘉瀬から毘沙門へ向かう田圃です。30年近く前に撮った写真ですが、背後の樹々が成長したことを除けば、今日でもまったく風景が変わらないのに驚かされます。そんな景色なかを、DDが牽く客車列車が五所川原を目指して走ってきます。 今日でも立佞武多の ...

このページのトップヘ