混合列車 [記憶に残る鉄道情景] Railway Photos

客車と貨車がひとつの列車に編成される混合列車のように、個性豊かでちょっと懐かしい鉄道情景をご覧いただきたいと思います。

2018年12月

 随分と持って回ったようなお題ですが、これには訳があります。 1975(昭和50)年12月14日、日本の現役蒸機を知っている世代には忘れることができない日でしょう。この日、室蘭本線の室蘭から岩見沢まで最後のSL旅客列車が走りました。牽引機は鉄道博物館に保存されているC57 ...

 冬の大鰐線を訪れたこの日、真冬の津軽地方としては大変珍しい雪晴れで、岩木山までバッチリ見えていました。しかし昼過ぎになると徐々に雲が増えてきて、気がつけば先ほどまでの日の光も雲の陰に隠れてしまいました。それでも、山の木々には一昨日までに降った雪がまだ着 ...

 11月24日から27日までの4日間、熱水で楽しく撮影をしましたが、最終日はちょっと気分を変えて大板に行ってみました。まず朝一番に集通鉄路の要衝、大板機務段を訪問しました。 機務段では早朝から多くの前進型蒸機がたむろしていて、そこここから立ち上る蒸気が良い雰囲気 ...

 1994年に南岔に行ってから中国の蒸気機関車の魅力にはまってしまい、国内の鉄道に対する興味を喪失してしまいました。それから10年あまり、中国では素晴らしい鉄道情景を満喫することができましたが、2005年に集通線が無煙化されてしまったのを契機に、中国の蒸気機関車も ...

 長らく仙台にいて磐越西線などでも活躍していた583系のN-1+N-2編成ですが、秋田の583系が廃車される代替として2011年8月に転属してしまい、活躍する機会もずいぶん少なくなってしまいました。それでも「わくわくドリーム号」などの臨時列車で東京にやってくることもあり、 ...

このページのトップヘ