混合列車 [記憶に残る鉄道情景] Railway Photos

客車と貨車がひとつの列車に編成される混合列車のように、個性豊かでちょっと懐かしい鉄道情景をご覧いただきたいと思います。

2019年03月

 包石線の朝の上り客車は光線状態も良く、後壩駅手前の橋りょうをサイドから撮るのが定番です。鉄道が渡る川はすっかり凍結していて、白く輝いています。これで雪でも積もっていれば最高だな、などと妄想を巡らせますが、もともと乾燥地帯で雪など降るのは年間に数えるほど ...

 運用範囲が広いうえに増解結など複雑な運用をこなす中央線の快速電車、ダイヤ乱れによる運用変更も頻繁に発生して、当時僅か2編成のみになってしまった201系を追いかけるのは結構大変でしたが、逆にそれが楽しみでもありました。中央線快速電車の看板運用といえば朝の「通 ...

 日本最北の鉄路、宗谷本線の冬の気象条件は本当に厳しいものがあります。だからこそ日中に定期排雪列車が設定されていて、私を含めて多くのマニアが撮影に出かけることになるのです。しかし、よく雑誌などで見るような、穏やかな晴天のなか新雪をラッセルして来るといった ...

年末に三道嶺に行った際の機内食をご紹介します。今日は復路です。 ハミ空港で、事前にパスポート情報が登録されていない、という訳のわからない理由でチェックインを拒否されてしまいました。大激論の末、ガイドが北京の中国国際航空のオフィスに電話をしてパスポート情報 ...

 12月30日の晩は包頭のホテルに泊まり、大晦日も引き続き包石線を撮影します。 昨日の撮影の結果、包石線のダイヤはかなり手強いことが分かりました。日の短いこの時期、早朝の下り客車はまだ真っ暗で、下り貨物ですら日が当たる場所は少ない。午前中の上り客車と貨物(後補 ...

 年末に三道嶺に行った際の機内食をご紹介します。まずは往路です。 羽田から中国国際航空で北京を目指します。 2018年12月29日 中国国際航空182便 A330-300 羽田14:20発 北京17:15着 3時間55分のフライトですが、定刻に出発したものの上空の強風の影響で到着は30分 ...

 1979年に関東鉄道から分離された鹿島鉄道、同時に分離された筑波鉄道が1987年に廃止されてしまったのに対して、自衛隊百里基地の燃料輸送に活路を見いだして、なんとか命脈をつないでいました。1990年度の運輸成績を見てみると、旅客運輸収入316百万円に対して貨物運輸収入 ...

このページのトップヘ