グリーンライナー
 東北地方の交流区間で活躍した急行型の451~457系電車、1962年に451系がデビュー、'63年には出力増強型の453系、'65年には抑速ブレーキ装備の455系、'69年には3電源対応の457系へと進化して、'71年まで製造され、東北、常磐、磐越西、奥羽、仙山の各線の急行列車などで活躍しました。技術の進歩が著しい時代に登場したため、10年足らずの間に4系列が開発されましたが、外観はほぼ一緒で、趣味的には同一の系列と言って良かったと思います。

 1985年、東北新幹線の上野開通時に東北各線の急行列車が廃止になり、451~457系電車も客車列車を置き換える形で、各線の普通列車などに転用されました。そして先に登場していた715系電車(581・583系寝台電車の改造)と同様の塗装に塗り替えられて、「グリーンライナー」と呼ばれるようになり、第二の人生を歩むことになりました。その後、車体更新改造でヘッドライトの形が変ったり、451・453系の一部は近郊型の717系に改造されたりしながらも、長く東北各線で活躍してきました。しかし、719系、701系、E721系と、次々に登場するステンレス製新型電車の波に呑まれて、2008年にはJR東日本管内から引退することになりました。

 大学受験の際に急行「まつしま」に乗って以来、帰省や旅行の際などに随分お世話になった451~457系電車、なかでも馴染み深いグリーンライナー色の電車も、2007年当時は常磐線の原ノ町-仙台間に残るのみになってしまい、重い腰を上げて鹿島-原ノ町間のお立ち台に出かけることにしました。この区間で455・457・717系で運用される列車は約半分、3連×2の6輛編成で運転されていて、近郊型に改造された717系と共通運用でしたから、急行型が6輛揃うかはその時の運次第です。良い光線で455系の6輛編成を撮影できたのは幸運だったと言えましょう。(こちらも狙っていたED75牽引の94レは曇られてしまいました。)

 仙台までの帰途には455系に乗ることができました。原ノ町から仙台まで1時間あまり、懐かしいボックスシートに座って、急行型の乗り心地を楽しみました。そして嬉しかったのは、引退も間近かな455系電車が、外観、内装とも大変きれいに整備されていたことです。長く当地で働いてきたこの車輛に対する、現場の愛情を感じることができたように思え、ほっこりした気分で帰りの新幹線に乗ることができました。

(2007.9.26 常磐線 鹿島-原ノ町 Joban line Kashima - Haranomachi)